吉野建設株式会社は、神戸のエコ社会創造企業です。

メールはこちら サイトマップ ご相談・お見積り 施工実績 事業案内 会社案内 HOME
事業案内

公共民間工事事業

公共工事

民間工事

環境事業

光触媒コーティング

P CUBIC

ソーラーシステム

グラスパーキング

屋上緑化

コンクリート販売事業

コンクリート販売

「信頼と実績に定評あり」「地域に密着企業」
HOME > 事業案内 > 屋上緑化

屋上緑化

 
屋上緑化とは?
 断熱効果で省エネも
 屋上緑化の効果は、エコロジーの多方面で発揮されます。特に、断熱効果における冷暖房の省エネは有名です。
 それをご説明します!
 屋上を緑化するとどのような効果があるのでしょうか
 機能面から見たそれは、

1 ■ 最上階への焼け込み防止や照り返し防止
2 ■ 雨水の流出緩和
3 ■ 大気の浄化


などがあげられます。

 また、植物には、景観の向上や園芸セラピー、菜園を作れば収穫の喜びがあったり、憩いの場になったり、いろいろな効果が期待できます。
◆屋上緑化で最も効果が見られるのは熱的効果です
 夏と冬の土壌下の部分と、何もしていない屋上の表面温度を測ると大きな差が出ます。 特に夏の未緑化地の温度が60度近くにまで上がるのに対し、 緑化の部分は30度前後で安定します。 このことは、土壌の断熱効果(熱伝導率は含水量により変化する)や、土壌に含まれる水の蒸発により熱が奪われたり、植物の蒸散作用、 緑陰による効果が相乗的に働き、自然がもたらす外断熱といえます。
 このため、冷暖房効率が改善され消費電力を抑えることが可能になります。
◆屋上緑化でヒートアイランド現象を緩和します
 ヒートアイランド現象とは、都市部では道路など地面の大部分がアスファルトやコンクリートでおおわれているために、熱がこもりやすく夜になっても地面にこもった熱のために気温が下がらない事や、それに伴いエアコンの排熱、自動車からの排熱が影響し、気温が下がらなく熱帯夜が続いたりします。また高層ビルやマンションの乱立で海などからの風の流れを遮るために冷却効果をさまたげています。屋上緑化をおこなうと植物からの蒸散作用により周辺の気温を下げる効果があります。
◆屋上庭園が雨水を吸収
 屋上を緑化すると、雨水が下水に流れ込むまでに時間的な差が出来ます。 通常の軽量土壌では、水の透水のスピードは1時間当たり、4センチ〜40センチ程度です。1時間当たり30ミリの雨が相当の雨量といわれていますから、 屋上庭園はかなりの雨水を吸収してくれるわけです。  このようなことからドイツのカッセル市では、下水道側から援助が出る仕組みになっており、屋上を緑化すると下水道使用料が割り引かれるそうです。
◆建築物劣化の防止
直射日光を遮るために、紫外線による劣化を防止する効果があります。
◆大気の浄化作用
 植物は光合成のために二酸化炭素を吸収しますが、それらの効果で大気の浄化作用があります。
◆いやし・リラックス効果
 緑に囲まれた空間はこころをいやしてくれます。
 助成金について
 都市部では緑地の確保が困難であり、みどりが不足しています。また、ヒートアイランド現象などの問題も年々深刻化しています。
 屋上緑化は都市の環境改善や、気温上昇の抑制、太陽熱による建物の焼け込みの防止などの効果が期待でき、最近は行政側も推奨しています。
 詳細はお近くの下記自治体でお調べください。

兵庫県 県民まちなみ緑化事業
TEL:078-362-3563
http://web.pref.hyogo.jp/wd20/wd20_000000005.html

ガーデニングは体を動かすよい機会になり、健康維持につながります。 また、植物は、愛情や世話に確実に応えてくれます。身近な屋上を活用して様々な楽しみをされてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら

ページトップへ

メインコンテンツ
会社概要 事業案内 施工実績 ご相談・お見積もり サイトマップ

本    社 : 神戸市中央区日暮通5-4-4 TEL 078-231-2801 FAX 078-231-2309
本    店 : 神戸市北区山田町中字下津イ11 TEL 078-582-2801 FAX 078-582-1117
大阪支店 : 大阪市北区浪花町13-40-301 TEL 06-6373-1031 FAX 06-6373-1032
URL http://y-o-y.co.jp E-mail info@y-o-y.co.jp